無料セラピーを受けて下さい 

無料セラピーを受けて下さい 


2010年1月8日(金)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


一昨日、無料セラピーを受ける事を悩んでいる人へ という題名のブログを書きました。

私の本音は、
「私の400話以上書いているブログ(http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959)を読まれて納得できない所があったり疑問に思う所があるのが当たり前なのですからまずは色々考えないで取り合えず無料セラピーを受けて下さい」
という事です。

最も困る人たちはメールで答えられない質問をして来る人たちです。

メールで伝えられる情報はわずかです。
まさか、一冊の本を書くほどの量のメールを一人の為に書く事は出来ません。
しかし、中には、極端な質問ですが、
「対人緊張症の治し方を具体的にメールで教えて下さい。」
とか
「うつが楽になる方法を教えて下さい。困っています。返事を下さい。」
などと書いてくる人たちがいます。
そして、そういう人たちは名前はもちろん住所も連絡先電話番号も何も書いて来ません。

対人緊張症やうつ病がメールで簡単に治る方法をお教え出来るのでしたら一回5000円の有料セラピーなど不要ですし、対人緊張症や神経症、うつ病を治す為には少なくとも10時間以上の時間が必要なのにどうやって数行のメールで書けばよいのでしょうか?

今まではそういう人たちにもそれなりに長い文章の返事を書いて、メールでは十分に伝わりませんから、申し込まなくても良いですから、この為に90分の無料セラピーという制度を設けているのですから、無料資料を請求して無料セラピーを受けて下さい、と書いても、ほとんどの人は質問の質問を重ねて来るだけです。
まだ、ある程度でも心理療法ハッピーライフのセラピー内容を理解して理解者になって頂ければ、私は『心理療法ハッピーライフのセラピーを世に広める』という目的もありますから良いのですが、メールでのやり取りだけですからほとんど理解されずに、無駄な時間を費やしただけで終ってしまいます。
昨年だけでもこういう人たちが何十人もいました。

うそ偽りなく、心理療法ハッピーライフで必要な人生勉強をして頂き必要な人生勉強を受け取って頂いた方は対人緊張症や神経症、うつ病で何年も病院に掛かっている人たちが病院に行く必要がなくなる、薬も飲む必要がなくなる、治っています。

ですが、これは従来の医学や結果に焦点を当てている旧式の心理療法とは根本的に違うのです。

ですから、クライエントさんの理解度を確かめながら話して行かなければどんなにメールのやり取りをしても理解できません。

多いパターンは、私が無料セラピーで時間を掛けてしっかりご説明をしますから無料セラピーを受けて下さい、と書いても、
「この質問に答えてくれたら無料セラピーを申し込みますからもう一つだけ」
というように質問をどんどん重ねて来るのですが、結局、このような人たちは何十人もいましたが、無料セラピーを申し込まれた人は昨年はゼロだったと思います。


無料セラピーを受けられて納得できなければそれはそれで終わりという事ですっきりするでしょう。
逆に心理療法ハッピーライフは自分が求めていた所と違うという事が判明したら前に進めるはずです。
(しかし、無料セラピーを受けられて役に立たなかった、納得できなかった、という人たちは一部の治して欲しいと思い続けている人たちだけです。ご安心下さい。ほとんどの人は納得した、役に立つ具体的な内容だったとおっしゃいます。)


また、無料セラピーを受けて納得したが、有料セラピーに進めない理由(時間、環境、お金など)があればお話頂ければ出来る限りの協力を致します。


ですから、皆さんにお願いです。

制度的な質問を除いて、セラピーに関しての質問はメールではお伝え出来る情報量の問題やあなたの理解度を確認しながら話せないなどの大きな問題がありますからメールではお答えできないと理解して下さい。

400話以上のブログを書いていますからよく読まれて全体像を掴んで下さい。

そして、心理療法ハッピーライフの認知行動療法、人生勉強療法に興味を持たれたら無料セラピーを受けて下さい。

もう一度書きます。

興味のある人は無料セラピーを受けて下さい。

お願いします。
(正直、メールの質問に答え続けて疲れました。)



◎「無料資料」の請求方法

心理療法ハッピーライフの無料セラピーを受けてみたいと思う人は、まずは無料資料を請求して下さい。

請求方法は、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。
実際にセラピーで使用している教科書などの資料をお送り致します。

心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚ほどの資料を無料でお送り致します。
心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp
心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから12年目になります。

◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いをしています。
理由は質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない事と情報量の問題(メールなどでは何百時の文字で答えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。
例外として、制度的な質問はお受けします。例えば、無料資料を会社に送って欲しいとか通信セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。

◎心理療法(認知行動療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、5000円です。